coffeebeans 
今回のテーマは“コーヒーの賞味期限と保管方法”について。

コーヒー豆は、焙煎前の生豆、焙煎された豆、ミルで細かく挽かれた豆の3つの状態があります。それぞれどの状態でも購入できますが、豆の状態によって賞味期限が変わるのはご存知でしょうか?またそれは保管状況によっても変わってくるので、どのように保管すれば良いのかも踏まえてご説明していきましょう。

コーヒー豆の賞味期限や保管方法が分からないという方はぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【水出しコーヒーの作り方】夏はやっぱりコレ!美味しく作る方法や必要な器具は?
 

スポンサーリンク

コーヒー豆の賞味期限ってどれくらい?

生豆の賞味期限と保管方法

生豆の賞味期限は一般的に2~3年もつと言われています。

保管は高温多湿でジメジメしたような場所ではなく、直射日光を避け、温度変化があまり無いような場所で保管するのが理想です。出来るだけ風通しの良い場所に置いてあげると良いでしょう。

焙煎豆の賞味期限と保管方法

焙煎後のコーヒー豆の賞味期限は焼いてからおよそ2〜3週間程度と言われています。

焙煎後すぐはガスを大量に含んでいる為、あまり味が馴染んでいない事も多いですが、焙煎後2~3日ほど置いてから飲むと良い具合に味が落ち着き、風味も感じることが出来ます。

焙煎したてのコーヒー豆をドリップで蒸らす際、粉がプクーっと膨らむのは二酸化炭素を多く含んでいる(フレッシュ)証拠ですが、日が経つにつれて膨らみが徐々に失われていったという経験はありませんか?あれは日を追うごとに二酸化炭素が抜けていっているのですが、実はそれと共に風味も抜けていきます

感じ方はそれぞれですが、風味が抜け、酸化してしまったコーヒー豆はやはり美味しくないという人が大多数でしょう。焙煎した豆を購入する際は出来るだけ2週間ほどで飲める量を買うようにするのがオススメです。

また、焙煎豆の保管方法ですが、こちらも基本的には直射日光を避け、密閉容器に入れて保存するのが良いでしょう。こうすることで酸化や風味が飛ぶのを防ぐことができます。

挽いた豆の賞味期限と保管方法

豆をミルで挽いた状態(粉状)での賞味期限はおよそ2日程度だとされています。挽いて粉状になったコーヒー豆は風味が一気に飛び、酸化も始まります。ですので、コーヒー豆は飲む直前に挽くのが一番の理想といえるでしょう。

しかし、ミルを持っていない人がコーヒー豆を買う場合は、基本的に粉状に挽かれているものを購入すると思いますので、袋の開封後は真空パックやジップロックなどで密閉し、保管するのがオススメです。

飲むペースが遅い場合は冷凍庫で保管しよう!

保管方法
ここまでそれぞれのコーヒー豆の賞味期限をご紹介してきましたが、コーヒー豆の消費が遅かったり、途中で違うコーヒー豆に変えたりして、買ったコーヒーを飲まなくなる事もあるでしょう。

そういった場合は冷凍保存をするのがオススメです。冷凍保存をすることで風味が飛んでしまうのを防ぐことが出来ますし、長期保存も可能です。冷凍した場合は、おそよ1ヶ月くらいは美味しく飲むことができるでしょう。

注意点としては、冷凍庫に入れる際はしっかりと密閉し、再び飲む際は密閉された状態で常温に戻し、その上で淹れるようにしましょう。冷凍したコーヒー豆をそのまま使用すると一気に水分を吸ってしまうので、本来のコーヒーの味にはなりにくくなってしまいます。
 
関連:【アイスコーヒーの作り方】深煎り豆じゃなくても良い?自宅で美味しく作る方法
 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒー豆の賞味期限や保管方法いかがでしたでしょうか?
ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう。

・コーヒー豆は生豆・焙煎豆・挽いた豆それぞれ賞味期限が違う
・挽いてある状態が一番劣化が早いので保管に気を遣う必要がある
・コーヒーをしばらく飲まない時は冷凍保存がオススメ

こんな感じでしたね。

コーヒーには焼いて2週間、挽いて2日間、淹れて2時間という“2の法則”があります。そういう意味では美味しいコーヒーを飲むには2週間以内に焼かれたコーヒー豆を購入して、飲む直前にミルで挽いて淹れるのが一番美味しくいただけるのかも知れませんね。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 


 
関連:【コンビニアイスコーヒー2017】どこが一番美味しいか比較!味の違いは?7件歩いて飲み比べてみた