毎日珈琲ロゴ 
どうも、毎日珈琲です。

1月もあと一週間くらい?ほんとに時が過ぎるのは早いですね。

ところで、以前記事に書いた間借りコーヒーの件ですが、来月の頭2/3(月)に第一回目をやる事になりました。(パチパチパチ)

とりあえずのロゴだけできましたが、他の事はまだ何の準備もできておりません(汗)。

なかなか時間が取れずこっちに集中できない状況ではあるのですが、合間を見てはコーヒーの焙煎をしています。

自分の中でまだ納得のいく焙煎ができていないというのがあって、ずっと色々試行錯誤していたのですが、ついに今日、自分の中で美味しい!と思えるコーヒー豆が焼けました。
 
コーヒー豆
いやぁ、やっとですよ……。

提供しようと思っているコーヒー豆は基本的に浅煎りなんですが、淹れたては美味しいんです。ですが、冷めた時にどうしてもほんのうっすら青っぽい(生っぽい)感じを感じるんですね。

そこが気になって、ずっとその事ばかり考えていました。「火力をあげれば良いの?時間を伸ばせば良いの?」とか。

では、どうやってその問題を解決したかというと、SNSで繋がっている方の焙煎方法の投稿です。

自分と同じディスカバリーを使っている方で、偶然同じコーヒー豆を焙煎されていたのですが、私は大体11〜12分で煎りあげている豆をその方は10分未満で焼かれていました。

しかも、「生焼けは絶対にさせたらダメ」だと書いていたので、その短時間でも生焼けせずに美味しく焼いているという事になります。

手順を見てみると、はぁ、なるほど。。

自分はそのままの火力で突破させていたところを、その方は火力を落として、時間を掛けていたんですね。でも全体の焙煎時間は私の焼き方よりもかなり早い。

つまり、メリハリのある焙煎をされているという事です。時間をかけるところと、しっかり火力を当てる部分を明確に切り分け、必要に応じて火力を調節していく。

もちろん、火力に関しては私も心がけているつもりではありましたが、少し大雑把過ぎたのかなと、この方の焙煎プロファイルを見て思いました(笑)

そして、このプロファイルの一部分を自分の焼き方に当てはめた結果、すごく美味しくなったという事です。

具体的な内容に関してまた改めて書きたいと思いますが、この焼き方だと今まで美味しく焼けなかった他の豆も美味しくなりそうな気がします(笑)

間借りコーヒーまであと少しですが、当日までになんとか仕上げていきたいと思います。

それでは!
 

《SNSのフォローもぜひお願いします!》

・YouTube → everyday coffee

・Instagram → @everyday_drip

・Twitter → @everyday_drip

・Line OpenChat → NO COFFEE, NO LIFE