フライパン焙煎 
どうも、毎日珈琲です。

先日、記事に書いた“フライパン焙煎”ですが、意外と「やってみたい」というお声も多数いただき、紹介してよかったなと思っています。
 
関連:【超手軽】コーヒー豆焙煎初心者にもオススメ!自宅で簡単にサクッと焼けちゃうフライパン焙煎
 
という事で、調子に乗って、家に余っていたエチオピアをフライパンで浅煎り焙煎してみました(笑)
 


スポンサーリンク

浅煎りのフライパン焙煎も意外とイケる?!

赤外線温度計
 
前回の記事では、おそらく浅煎りにすると生焼けになって美味しくないと予想できると書いたのですが、これが意外と美味しく焼けたんですね。

もちろん、しっかりと温度や火力管理をした珈琲屋のような焙煎には敵いませんが、お家で焼いて飲んでみたいという方には十分美味しく焼けると思いました。

コツになるかは分かりませんが、基本的にフタをしながらフライパンを振り、内部までしっかり熱を馴染ませて、ハゼがきた瞬間にフタを外してあげる。あとはフライパンを振りながら1ハゼ終了を待つという感じです。

意外と豆も膨れていて、フレーバーも立つなという印象でした。

ちなみにこのエチオピアは1kgで約3,000円の生豆なんですね。個人的には結構高いなぁと思うのですが、それだけ品質も良いという事ですよね。

もしかすると今回の焼き上がりが美味しかったのは、品質が良いからという事も大きく関係しているかもしれません。

良い豆を使うとそれほど焙煎が上手ではなくても、それなりに美味しく焼けるというのも事実です。(経験談)

フライパン焙煎に限らず、焙煎がいまいち美味しく焼けないという方は、一度良い生豆を探して購入してみると、また違った考え方が出来るようになるかもしれません。

ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?

それではまた!