水出しコーヒーの作り方 
今回のテーマは“水出しコーヒーの作り方”について。

夏といえばアイスコーヒーですが、ここ数年で一気に人気に火がついた水出しコーヒー。急冷で作るアイスコーヒーとはまた一味違い、マイルドで飲みやすく、ぐびぐび飲めるのが良いですよね。そして何より作るのが凄く簡単なのです。

今回は美味しい水出しコーヒーを作る方法とそれに必要な器具をご紹介します。誰でも自宅で簡単に作れますので、ぜひ参考にしてみて下さね!
 
関連:【アイスコーヒーの作り方】深煎り豆じゃなくても良い?自宅で美味しく作る方法
 

スポンサーリンク

自宅で簡単!美味しい水出しコーヒーの作り方

コーヒー豆

水出しコーヒーに必要なモノ・器具

まずは準備から。水出しコーヒーを作るにはそれ専用の道具が必要です。まずは以下のモノを揃えましょう。

・挽いてあるコーヒー豆(1回分約80g)
・かき混ぜ用スプーン
・ストレーナー付きコーヒーポット
 

水出しコーヒーの作り方手順

1.まずはコーヒー豆(80g)を中細挽きにします。作る直前に豆を挽くのが理想ですが、コーヒーミルが無い場合は購入時に挽いてもらうか、予め挽いてあるものを準備しましょう。※豆を直接水につけて味を出す為、新鮮な豆を使いましょう
 


2.コーヒーポットに付いているストレーナー(濾し器)に挽いたコーヒー豆を入れます。

※この時の注意点!ストレーナー底部に付いている蓋がしっかり閉まっているか確認するようにしてください。私はこれがしっかり閉まっていなくて、水を入れた時に豆が全て流れてしまった事があります。悲惨です…。

3.そして水を注いでいきます。まず1投目は粉全体に行き渡らせます。そしてポタポタと水が落ちてきたら2投目でポットの一番上まで水をいれます

※出来れば浄水か軟水のミネラルウォーターを使用しましょう。水道水だとカルキの臭いが直接コーヒーに影響してしまいます。

4.水が満杯になると、かき混ぜ用スプーンでストレーナー内のコーヒー粉をゆっくりかき混ぜてあげましょう。これによって粉と水がなじみむ為、味が抽出されやすくなります

5.最後に冷蔵庫で8時間冷やしましょう。時間が経てば、粉がこぼれないよう慎重にストレーナーを外して出来上がりです。私的には、夜寝る前に仕込んで、朝の寝起きにグビグビ飲むのがオススメです!
 
関連:【ペーパードリップ】オススメは浅煎り?ハリオv60での美味しいコーヒーの淹れ方
 

スポンサーリンク

まとめ

水出しコーヒー
いかがでしたでしょうか?

水出しコーヒーは簡単に作れてとても美味しく飲むができます。しかも今回ご紹介した方法では一度に6~7杯を作ることができるので、沢山飲みたい人や毎回コーヒーを淹れる時間が無い人、またイベントで大量に出したいという場合なんかにもとっても便利です。

ぜひこの夏、ご自宅で試してみてはいかがでしょうか?
 
関連:【ペーパードリップ】少ない豆でコクのある濃いコーヒーを淹れる4つの方法