コーヒー 
どうも、管理人のハレルヤです。

今回はコーヒーの複数淹れについて書きたいと思います。皆さんはコーヒーを淹れる時、どんなドリッパーを使っているでしょうか?

・誰でも安定した抽出ができるカリタの台形ドリッパー
・今や定番と化した円錐型のハリオV60
・しっかりとコクのあるネルドリップのような質感を楽しめるコーノ式
・サードウェーブを代表するドリッパーのカリタウェーブ
・浸漬式の新定番ともいえるクレバー …etc

様々なドリッパーがありますが、私は最近、ハンドドリップでコーヒーを淹れる際は、1杯と2杯淹れでドリッパーを使い分けています。もちろん豆の焙煎度合いや豆の種類によっても変えますが、だいたいは同じです。

今回はそのドリッパーの選び方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
 
関連:【ペーパードリップ】少ない豆でコクのある濃いコーヒーを淹れる4つの方法
 

スポンサーリンク

コーヒーの複数淹れに適してるドリッパーは?

1杯淹れの時はしっかり濃く出るカリタウェーブドリッパー

カリタWAVE
私は1杯淹れの時はカリタウェーブを使っています。理由は少ない豆でもしっかりと濃く出るから。

ハリオのドリッパーはどうしても抽出が早いのでスッキリとした味になる傾向にあるので、しっかりしたコーヒーを淹れたいという時はどこか物足りない感じになってしまいます。

豆の量を多くしたり挽き目を細かくしたりすれば良い話なんですが、例えば1杯12〜15gのコーヒー豆を使うとすると、ドリッパー内にコーヒーを入れた時にケトルの先端とコーヒー粉の距離が遠いんです。

距離が遠いという事はケトルの先端から粉に触れるまでにお湯の勢いが付いてしまうので、やはりコーヒーの抽出も早くなってしまいます。

その点、ウェーブドリッパーは縦の高さがそれほど高くないので、粉とケトルの距離も近く、細くゆっくり淹れるのに適していると言えるでしょう

ちなみにこのウェーブドリッパー。
 

1〜2杯用と書いてありますが、例えば新鮮なコーヒー豆を使っている場合、2杯淹れで25g使うと豆が大きく膨らんでペーパーの横にこぼれてしまうことがあります。

ガスが抜け切ったような豆で使うとしたらそれほど問題はないですが、煎りたて挽きたてを飲みたいという人にとっては少し使うづらいという人も多いかも知れません。

2杯淹れにはハリオV60がちょうど良い感じ

ハリオV60
逆に2杯淹れの時はハリオV60を使っています。

これはなぜかというと、2杯の時は距離が遠く感じたコーヒー粉がちょうど良い位置に来るんですね。そして、蒸らしの時に豆がプクーっと膨れますが、これもまた置くように淹れられる距離にくるので淹れやすいんです

そしてもう一つの理由が抽出速度です。先ほど、ハリオV60はすっきりしたコーヒーになると書きましたが2杯淹れの時はちょうど良い濃さになるんです。

というのも、2杯分の豆になると1杯淹れに比べて淹れる時間は長くなります。また、2杯分のコーヒー豆を使っているということはその分濃いコーヒーが抽出されるということですが、ただでさえ濃いコーヒーに時間を掛けてしまうと苦味が出すぎてしまうんですね。

その点、このハリオV60はカリタに比べて抽出速度が早い分、2杯淹れをしても苦味が出過ぎず、よい濃さで抽出しやすいんです

逆にカリタウェーブは抽出速度が遅いので、2杯分の豆を使うと時間がかかって濃く出すぎてしまうこともあるので、私はあまり使わないです。
 


関連:【ペーパードリップ】オススメは浅煎り?ハリオv60での美味しいコーヒーの淹れ方

2杯淹れのやり方まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちなみに、今回ご紹介した方法は基本的に深煎りを淹れる時の淹れ方です。浅煎りはまた少し淹れ方が変わってきますので、またいつか記事に書きたいと思います。

自宅で家族や友人と一緒に美味しいコーヒーが飲みたいという時はぜひこの方法で淹れてみてくださいね。それでは!
 
関連:【ハンドドリップの基本】コーヒーを美味しく淹れるのに覚えておきたい5つのポイント