hariov60 
今回は“ハリオv60での美味しいコーヒーの淹れ方”について。

コーヒーサードウェーブ時代といわれる昨今、「コーヒー好きで知らない人はいない」といっても過言ではないくらいに有名なドリッパーである“ハリオv60”ですが、このドリッパーの特徴はご存知でしょうか?

今回はこのv60ドリッパーの特徴を活かしたオススメのコーヒーの淹れ方をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

スポンサーリンク

ハリオv60ドリッパーの特徴は?

 
浅煎り
ハリオv60の特徴といえばやはり円錐ドリッパーならではの抽出の速さ。これは構造的な部分が大きく、内部のスパイラルリブと大きな一つ穴という構成によって、お湯がドリッパー内部で溜まる事なく抽出されます。いわゆる“透過式”と呼ばれるものですね。

それゆえ、お湯が内部に留まる時間の長いカリタやメリタといった台形型ドリッパーと比べ、あっさり(スッキリ)した味になりやすいという特徴があります。

特徴を活かすには浅煎りや中煎りがオススメ!

では、そんなv60の特徴を活かしてコーヒーをドリップするにはどういう豆が適しているのか。

私個人的には、浅煎りや中煎りの豆で使うのがオススメです。

しっかりとしたコクのある深煎り系コーヒーとは違い、浅煎りや中煎りのコーヒー豆はドリップすると酸味が感じられると思います。おそらく、そういった豆を買う方は酸味が好き、フルーティなコーヒーが飲みたい、という人がほとんどでしょう。

抽出速度の早いv60であれば、ドリップ前半に綺麗な酸味を抽出して、深煎り系コーヒーよりも短い時間でサクッと終わらせる事で、雑味のないスッキリとした美味しいコーヒーを淹れることができます

焙煎度の浅いコーヒーは抽出に時間を掛けすぎると、分かりやすいエグ味や雑味が出てしまうので、それが出ないうちにドリップを終えるのがコツです。あくまで目安ですが、私の場合は深煎り系を淹れる時よりも15秒〜20秒ほど早く抽出を終えるようにしています。

味が薄い時はどうすれば良い?

味が薄いコーヒー 
酸味が出るのは良いけど、抽出が早すぎて味が薄い…

今までずっとカリタ系のドリッパーを使っている方なんかは特にこういう風に感じてしまう方も少なくないでしょう。ちょっとお湯っぽくなる、味が薄いといった場合は以下の3つの事を試してみてください。

・ドリップ始めの蒸し時間をいつもより長めにとる
・コーヒー豆の量を増やす
・粉をいつもより細挽きにする

これらをする事で濃度が増し、コクや甘みも出やすくなります。色々と試してご自身の好みの味を見つけてみてください。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう。

・ハリオv60ドリッパーは抽出速度が早い
・浅煎り系は抽出に時間を掛けるとエグ味が出やすい
・サクッと淹れることで酸味が綺麗に出る
・味が薄く感じる時は蒸し時間や豆の量、挽き目を調整する

もちろん深煎りの豆で使用して適度なコクを楽しむのも良いですが、よりコーヒーの酸味を楽しみたい、という方にはぜひv60を使っていただきたいですね!

色々試してみてくださいね!それでは!