カリタネクストG 
どうも、毎日珈琲です。

先日、YouTubeチャンネルに電動コーヒーミルの比較動画を挙げました。

まだ見ていない方はこちらをチェックしてみてくださいね!(チャンネル登録もぜひお願いします!)
 

 
家庭用電動ミルの代表的な機種である、

・カリタ ナイスカットG
・カリタ ネクストG
・フジローヤル みるっこDX

これら3つですね。

家庭用といっても、お店で使われている方もたくさんおられますし、どれも問題なく店舗で使用できるクオリティを持ったモデルです。

ですので、「家用に電動ミルが欲しいけどどれが良いのかな?」「コーヒー店で使うミルはどれが適してるかな?」などなど、疑問に思っている方の参考になればと思います!

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【コーヒー電動ミルの掃除】BONMAC(ボンマック)BM-250Nのクリーニングのやり方と手順をご紹介
 

スポンサーリンク

【比較】みるっこDX・ナイスカットG・ネクストGの3機種を挽き比べしてみた!各メリットデメリットは?

電動ミル
それでは、早速、それぞれ3機種を使うメリット・デメリットを挙げていきたいと思います。

カリタ ナイスカットG

メリット

1.コンパクトで取り回しが良い

ナイスカットGの良さは何といってもそのコンパクトなボディで取り回しが良いことではないでしょうか?

キッチンに置いても場所を取らずスタイリッシュに設置できますし、何かイベントなどで必要な際は持ち運びも比較的楽に行えます。

ちなみにみるっこはすごく重たいです。何度か持ち運びましたが、その度にイヤになりました(笑)そういう意味ではすごく扱いやすい電動ミルと言えるかと思います。

デメリット

1.粒度の均一性がやや低い

これら3つの中で一番、粉の粒度の均一性が低かったです。特に中挽きから粗挽きになるほど、その粗さが見られました。

2.微粉が多い

粉を挽いた際に微粉が一番多く出たのもナイスカットGでした。

個人的に、中煎り〜深煎りにかけてはあまり気になりませんが、浅煎りになるとクリーンさが欲しいので、微粉が多いのはデメリットかなと思います。

カリタ ネクストG

メリット

1.グラインド時に粉が飛び散らない

この機種の売りでもある静電気除去装置が搭載されている為、グラインド時に粉が飛び散りません。

コレほんと素晴らしい機能だと思います。考えた人は天才だと思いますね(笑)

挽いた後に毎回掃除しないといけないのは結構めんどくさいものですし……。いやぁ、素晴らしい。

2.粒度の均一性が高い

粒度の均一性も高いです。同じカリタでも、ナイスカットGよりも綺麗に挽けます。(動画参照)

ただ、粗挽きになるとどうしても均一性が低くなってしまいます。その点はそこまで変わらないかなと思います。

3.微粉が少ない

微粉もナイスカットGよりやや少ないという印象でした。

デメリット

1.グラインドに時間が掛かる

挽くのがすごく遅いです。これは、あえてゆっくり挽く事で、豆が熱を持たないようしている(劣化を防ぐ為)そうなのですが、コーヒー豆の挽き売りのお店で使うには少し難しいかと思います。

喫茶店などの忙しいお店で使う場合も少しストレスに感じるかも知れませんね。

ご家庭でゆっくりコーヒーを淹れる分には、よほどせっかちな性格でなければ特に問題ないレベルだとは思います。

フジローヤル みるっこDX

メリット

1.粒度の均一性が抜群に高い

3機種の中で粒度が一番均等に整っていたのがこのみるっこDXでした。動画で見ていただいても分かりますが、すごく綺麗です。

2.微粉が少ない

一番微粉が少なかったのもこのみるっこです。

なので、個人的に浅煎りを美味しく飲みたい時は、なるべくみるっこで挽くようにしています。クリーンなコーヒーに仕上がりますよ。

3.グラインド時間が早い

コーヒー豆を挽く時間が本当に短いです。「あれ、もう挽けたの?」っていつも思います。

一瞬で挽けるので、注ぎたいお湯の温度になったタイミングに合わせて挽く事もできます。

デメリット

1.グラインド時に粉が飛び散る

これはぶっちぎりで一位だったのですが(笑)挽いた時の粉の飛び散り方がすごいです。静電気がすごいので、受け缶や粉の噴出口にも多量の粉や微粉が付着します。

購入時にもともと付属している粉受けがありますが、あまり実用的ではない為、受け口が狭くなっている受け缶を使うのをおすすめします。

2.この中では値段が一番高い

性能が良いので仕方ないのかも知れませんが、この中では一番値段が高いです。

お店で使われたり、本格的な趣味として買う分には良いかも知れませんが、ドリップを始めるのに買う“初めてのミル”としてはなかなか選択肢には入れにくいかも知れません。

もちろん「最初から良いミルを使いたい!」という方はこちらから始めても良いと思いますが、色々使ってみてグレードップしてみるっこを買うという人が多いように思いますね。
 

スポンサーリンク

電動ミルまとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的な意見ですが、これら3機種のうちいずれかの購入を検討している場合、こんな感じになるかと思います。

・家でのんびり美味しいお家コーヒーを楽しみたい → 値段や性能面で「カリタネクストG」

・コーヒーに対するこだわりが強い方、いずれ店舗などでも使いたいという方 → 味やスピード重視で「みるっこDX」

・場所を取らないのが良い、持ち運びしたいという方 → 「カリタナイスカットG」

もしどれか迷っているという方がいれば参考にしていただければと思います!

それではまた!
 
関連:【おすすめはどれ?】コーヒーのドリップポット6種類の注ぎ具合を比べてみた【動画あり】