ペーパードリップ 
今回のテーマは“ペーパー臭”について。

ペーパードリップでコーヒーを入れた際、どうも紙くさいのが気になる……といった経験はないでしょうか?

この原因はというと、、もう答えは出ていますね。ペーパーを使ってコーヒーを淹れているので、その紙の成分がコーヒー液と一緒に抽出されてしまっているのです。

せっかくクリアで香り高いコーヒーを淹れても「なんだかちょっと美味しくない……」ってな事にもなりかねませんよね、

ではどうすれば解消できるのか、その方法をご紹介したいと思います。お悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【最強ドリップポット】10種類以上使ってみた結果オススメNO.1はタカヒロ雫!4つの魅力をご紹介
 

スポンサーリンク

ペーパードリップの紙の臭いは湯通しで解消!

ペーパー臭

お湯を注ぐ前にペーパーを十分に濡らす

紙の臭いを無くしたい場合、まずドリッパーにペーパーをセットし、粉を入れる前に、お湯でペーパー全体を満遍なく濡らしてあげましょう。そうする事で紙っぽい臭いが取れてくれます。

また、その時にサーバー(マグカップなど)をセットしてから注ぐと、抽出前に容器を温める事も出来るので一石二鳥ですね。

ちなみに、その落ちたお湯を少し飲んでみると分かりますが、やはり紙の臭いがします。コーヒーが紙くさくなってしまう原因がこれだと分かりますね。

臭いが分かりやすいのはみさらしペーパー

みさらしペーパーと漂白ペーパー
ドリップ用のフィルターで、真っ白なペーパーとほんのり茶色をしたペーパーを見た事はないでしょうか?真っ白の方は漂白されているペーパー(右)、茶色の方はみさらし(無漂白)のペーパー(左)です。

この二つのうち、特に臭いが強いのはみさらしの茶色のペーパーで、こちらも湯通ししてみると分かりますが少し茶色い液体が抽出されます。

製品として発売されているので、特に体に害はないのかも知れませんが、コーヒーにこれが入っていると考えると「ん・・・」となっちゃいますね。

私も最初のうちは特に気にしていませんでしたが、臭いが気になりはじめて、みさらしで湯通しするようになってから、さらにこの抽出される茶色い液体の存在を知り、漂白された白いペーパーを使うようになりました。

気になる方は漂白された方を選ぶのが良いでしょう。

デメリットはコーヒーオイルが抽出されない?

ではこのペーパーの湯通し(リンス)にデメリットはあるのでしょうか?

「ペーパーの臭いが取れて、コーヒー本来の香りが楽しめるようになるならメリットしか無いのでは?」と思っていたのですが、ツイッターでその事を呟いたところ、「湯通しすると、コーヒーオイルが落ちなくなる」というリプをいただきました。

「サラダオイルを濡れていないペーパーにかけると、オイルはペーパーからポタポタと落ちてきます。一方、湯通ししてからサラダオイルをかけるとオイルは一切落ちてきません」といった内容でした。

「え、そんな事ないでしょ?」と思って私も実際に試してみたのですが、これが本当で、全然落ちてきません。さらにその上(ペーパー内に溜まったサラダオイル)に200ccのお湯を注いでも、一切オイルが落ちてきませんでした。(またその時の動画を上げようと思います)

自分の中でも衝撃でしたが、おそらく湯通しすると、コーヒーオイルも同じように落ちてこないんだろうなという結論に至りました。

コーヒーオイルがあるのと無いのはどう違う?

そもそもコーヒーオイルがあるのと無いのではどう違うの?という点ですが、分かりやすい例でいうと、ペーパードリップとネルドリップを飲み比べた時の違いがそれに当たるかと思います。

ペーパーの場合、コーヒーオイルはある程度は紙に吸われてしまう為、すっきりとした味わいのコーヒーになる傾向があります。逆にネルドリップの場合はオイルも一緒に抽出されるので、トロッとした質感がありコクを感じる事ができます。

つまり、元々すっきりする傾向のあるペーパードリップで湯通しをした場合、さらにすっきりした味わいになるという事が考えられますね。

ではどうすれば良いの?

ではどうすれば良いのでしょうか。私の場合、この実験をしてみてから「何でもリンスすれば良い」と思っていた考えが変わり、深煎り系ではなるべく湯通しするのをやめました。

というのも、深煎りの魅力は“香り”はもちろんですが、“濃厚なコク”だと思っています。これが感じられない深煎りは個人的にあまり美味しいと思えません。

そもそも、ペーパー臭が気になるのは大体が浅煎りを飲む場合で、深煎りはそれほど気になる事もありませんでしたので、湯通しすることで魅力が消えてしまうのであればやめてしまおうと。

逆に浅煎りの魅力はフレーバーだったり酸味の綺麗さ、クリーンさだったりするので、飲む際に繊細な部分を感じやすいです。なので、こちらは基本的に湯通しをして紙の臭いは取るようにしています。

浅煎りはコクというよりも綺麗ですっきりした味わいを楽しみたいですよね。
 
関連:【ハンドドリップ】浅煎りコーヒーをカリタウェーブドリッパーで美味しく入れる方法や淹れ方ってある?

まとめ

ペーパー臭とその解消法について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう。

・ペーパー臭が気になる場合は、予め湯通しすると臭いが取れる
・湯通しするデメリットは、コーヒーオイルが落ちなくなる(おそらく)
・深煎りは湯通しなし、浅煎りはした方が両方の魅力を引き出せる

こんな感じでしたね。

となると、深煎りの際にリンスなしで使うペーパーの種類が気になってきます。ペーパーも色んなメーカーから出ているので、その中でも臭いがしにくいのを選ぶというのが重要になってきますね。

コットンペーパーなんかもあるようなので、その辺りも一度比べてみたいところです。

という事で、色んなメーカーのペーパーを集めてみて、どれが良いのかという検証をやろうと思うので、また記事にしてアップしますね。お楽しみに!

それではまた!
 
関連:【ハンドドリップコーヒー】味の調整方法を4つの項目別にチェック!濃度・酸味・苦味・香り(フレーバー)を出す淹れ方