タカヒロ雫 
どうも、毎日珈琲です。

タカヒロ雫の0.5L、ディモンシュオリジナルモデルを購入しました。ツヤ消しのマットブラックがめちゃくちゃかっこいいやつです。

なんで買ったかというと、某フリマアプリで新品同様のものが安く売られていたからです(笑)

最近、KINTOのミニドリップケトルを使っていてすごく重宝しているのですが、タカヒロ雫の小さいサイズも欲しいなぁと何となく思ってました。

そんな時に安く出てたのを見て買ってしまったという感じです。

ということで、今日は実際に使ってみた感想を書いていきたいと思います。気になっている方はぜひ参考にしてみてください。
 
関連:【最強ドリップポット】10種類以上使ってみた結果オススメNO.1はタカヒロ雫!4つの魅力をご紹介
 

スポンサーリンク

タカヒロ雫0.5Lディモンシュモデルの使用レビュー

 
早速ですが、開封からコーヒーを淹れるまでの動画を撮ってYouTubeチャンネルに上げてみました。まだ見てない方はぜひご覧ください。(ぜひチャンネル登録もお願いします)

それでは使ってみた感想を書いていきます。

0.9L仕様と比べて持ち手が小さい

このタカヒロ雫の0.9Lも所持しているのですが、それと比べると持ち手部分が小さくなっています。

大きい方は親指以外の指が4本入り、しっかりと握れるのですが、0.5Lモデルはボディが小さい為、この持ち手部分が小さく、小指が入りません。(無理やり入れると入るかもですが・・・)

普段はしっかり握るタイプですので、初めて注ぐ際にやや違和感を覚えました。(2回目以降は少し慣れましたので特に問題ないかなという印象です)

もしかすると手の小さい方や、女性の方には握りやすいサイズ感になっているのかも知れません。

ドリップポットのグリップ感はハンドドリップの際に結構重要だと思っているので、私のように気になる人は気になるかも知れません。

狙ったところへの落としやすさは抜群

注ぎ口がとても細く、またパイプも長めなので、狙ったところへの落としやすさは抜群です。そっとそこに置くように注ぐことができます。

例えば、ユキワコーヒーポットのような首の太いタイプだと、注ぎの角度や中に入っているお湯の量によってかなりお湯が暴れ、安定した注ぎが難しかったりするのですが、タカヒロ雫は追従性が良いといいますか、腕の動きとお湯の出方がすごくリンクしてくれる感じがあります。

ごく少量ずつ注ぐ、いわゆる「点滴ドリップ」も簡単にできちゃいます。雫という名前だけあって、これは本当に点滴がやり易いポットだと思いますね。

誰が使っても上手に淹れられるポットと言っても良いかも知れません。

複数杯淹れるのは頑張って二杯まで?

細く注げるのがこのポットの最大の長所ではありますが、逆に太く注ぎたい時に思ったように湯量が出ない為、複数杯注ぐのは頑張って深煎り二杯分くらいまでかと思います。

クレバードリッパーのような浸漬タイプのドリッパーやフレンチプレスで淹れる際は特に問題ないかも知れませんが、ハリオやコーノ式などの透過式ドリッパーでハンドドリップして淹れる際は前半と後半で注ぐ湯量を変える場合があります。そういった時に変化を付けづらいというのは出てくるかも知れません。

浅煎り二杯分を淹れるのも、ちょっと難しいと思いますね。何秒で何gのお湯を注ぐと決めている場合、一投分のお湯を注ぐ時間が長くなってしまい、次の注湯のタイミングまでに注ぎきれないなど、やや慌てる感じになってしまうような気がしますね。

一杯分のコーヒーを淹れるには最適

KINTOのミニケトルを使った際にも思いましたが、こういった小さなドリップポットは主に一人分のコーヒーを淹れることが多い方には本当に使いやすいと思います。

使用するお湯の量が最小限で良くて、コーヒーを飲みたい時にサクッとお湯を沸かせられるという点もメリットだと思いますし、使用後に残るお湯のロスが少ないというのはお店でも使いやすいのではないでしょうか。

スペシャルティコーヒーは基本的に1杯ずつ淹れるという方も多いと思いますが、まさにそういった方にはすごく重宝するドリップケトルかと思います。

小さくて場所をとらないというのもメリットですね。
 
関連:【レビュー】KINTOのプアオーバーケトルが注ぎやすくて便利!使ってみた感想【ドリップポット】
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的には深煎りコーヒーをじっくり淹れるのにはこれを使いたいですね。前半は点滴でポタポタ濃い液体を落とし、少しづつ注ぐ湯量を増やしていくという感じです。

濃厚なコクが出るので、そういったコーヒーが好きという方にはぜひ一度試してみてもらいたいですね。

ということで今回はこの辺で!ぜひ一度チェックしてみてくださいね!それでは!

タカヒロ雫ディモンシュモデルの販売ページはこちら


 
関連:【おすすめはどれ?】コーヒーのドリップポット6種類の注ぎ具合を比べてみた【動画あり】